ブログ

中学部の様子

中学部2年生 社会体験学習に行ってきました

1月27日(金)中学部2年生は、さいたま市方面へ社会体験に行きました。

学校からスクールバスに乗って、南越谷駅まで行き、武蔵野線、京浜東北線を利用して、さいたま新都心駅に行きました。

徒歩で10分ほど歩き、まず初めに向かった先は『造幣さいたま博物館』。

ここは、2016年10月にオープンした造幣局のお金に関する博物館で、身近なお金について学び、貨幣製造工程も見学しました。身近なお金や勲章、オリンピックのメダルまで、展示や映像などを見て、どの生徒も興味津々でした。

お金の勉強をした後は、駅前の商業施設『コクーンシティ』に移動して、実際にお金を使用し、昼食を買って食べました。残ったお小遣いで、買い物学習も行いました。

今年度の社会体験は全て終了し、中学部1年生では学校近辺、2年生では埼玉県の中心のさいたま市、そして3年生は日本の中心で都内に行って、様々な学習をすることができました。

今年の目標

中学部では、1月に、書初めを行いました。

書初めの意味を調べてみると、書初めとは、年が明けてから初めて毛筆で文字を書くことを言い、一年の目標や抱負を決めるという意味があるようです。また、1月2日に書初めを行うと字が上手くなるという言い伝えがあることから、字の上達を願う意味も込められていると言われています。

毛筆に触れる機会が少ないですが、みんな気持ちを向けて、丁寧に書くことができました。

みんなの目標が達成できるように、今年1年、一緒に頑張っていきましょう。

 

校内実習を行いました

1月16日から、中学部では校内実習を行いました。

1年生は2日間、2年生は3日間、そして3年生は5日間行いました。

高等部の2週間の校内実習や、現場実習に向けて、中学部でも取り組んでいます。

1年生は初めての実習でしたが、最後まで取り組むことができました。

2年生は1年前にも取り組んでいるため、見通しを持って取り組める生徒が多くいました。

3年生は初めての5日間という長い期間の実習でしたが、気持ちを切らすことなく頑張りぬくことができました。

最後には、仕事を頑張るとお給料がもらえて買い物ができるということを理解してもらえるように、お給料を渡しました。

その中に入っているお金やチケット等を使って、その場でお菓子や飲み物と交換しました。

どの生徒も、とてもよく頑張りました。

中学部3年生 社会体験学習「スカイツリー&浅草散策」

12月16日(金)、電車に乗り、東京方面へ社会体験学習に行ってきました。初めにスカイツリーに上り、上から見る家や人、車はとっても小さく見えました。ガラス床にもみんなが挑戦して渡りました。次に、浅草へ移動し、クラスごとに散策をしました。事前に決めていたお店で食べ物を買ったり、お土産を買ったり、お参りをしたりと古き良き街並みを満喫しました。とてもよい思い出を作ることができました。

県立近代美術館によるイスの鑑賞授業

今年度も中学部では、県立近代美術館の職員さんに来ていただき、美術館で展示されているイスをお借りして、イスの鑑賞授業を行いました。どのイスも見たことのないような形をしていて、座るだけではなく、見ても楽しめる授業になりました。揺れる椅子には、リラックスして座れる生徒もいれば、体に力が入っている生徒もいました。最後には、一人ひとりがお気に入りのイスを選び、発表をしました。毎年行っている授業ですが、3年目の3年生も笑顔が多く見られ、どの学年の生徒も楽しく授業を受けられました。

1日2回の鑑賞授業を4週にわたって実施していただいたことで、密を避け、どの生徒も十分に芸術に触れることができました。県立近代美術館の職員さん、本当にありがとうございました。

頒布活動『お疲れ様会』

きらきらまつりで頒布活動を頑張った中学部では、作業の時間に『お疲れ様会』を開きました。頒布することで、一生懸命に作ってきた製品が、みなさんの手に渡る喜びを感じるとともに、お互いの労をねぎらう体験を積むことで、働く意欲を高めていきたいというねらいがあります。お疲れ様会では、ジュースで乾杯したり、お菓子を食べたり、ゲームをしたり、作業班によっては、「給料」を手にして自分達で買い物に行くところもありました。今後は、新製品の開発や、学部内で行われる頒布活動に向けて作業学習に取り組んでいきます。

第10回 きらきらまつり

11月19日(土)のきらきらまつりでは、中学部は、作業学習で制作したものを頒布しました。お客さんが来てくれると、呼び込みの声も自然と大きくなり、とても活気のある頒布活動になりました。今まで一生懸命作ってきた製品を、手に取ってくれる喜びを感じることができました。

その他にも、美術作品の展示、買い物を行い、楽しく過ごすことができました。

 

もう一人の自分

中学部3年生では、美術で「全身形どり」の作品を作りました。大きな紙の上に横たわり、友達や教員と協力して、全身の形どりを取りました。次に、その全身の形どりに好きな色を塗っていき、手形スタンプを押して完成させました。今年度も文化祭は保護者の方のみの来校となりますが、そこで展示をします。スケールの大きい作品をぜひご覧ください。

 

中学部2年生 宿泊学習に行ってきました

中学部2年生は、10月20日(木)21日(金)で、長瀞方面に宿泊学習に行ってきました。

 天候にも恵まれ、初日は、秩父名物『豚みそ丼』を食べ、長瀞を流れる荒川のライン下りを行いました。楽しみにしていた生徒、船が不安な生徒などがいましたが、水しぶきや天然記念物の岩畳を見て、どの生徒も笑顔で乗ることができました。

 

 宿舎では、友達と協力して準備をする姿や、同じ部屋の友達や先生と話をする様子が見られました。夜は、キャンプファイヤーを行い、とても良い思い出ができました。

  

 2日目は、長瀞駅周辺をクラスごとに散策し、お土産を買いました。

 

 次に、川の博物館に行き、大きな水車の前で写真を撮り、荒川を中心に川と水と人々のくらしについて学習しました。

 

 中学部になり、初めての宿泊学習でしたが、帰ってきた生徒に感想を聞くと、「楽しかった!」「ライン下りにまた乗りたい」などと言っており、とても良い宿泊学習になりました。

授業参観(中学部)

10月7日(金)、中学部では授業参観を行いました。新型コロナウイルス感染防止対策のため、学年で参観していただく時間を分け、1家庭1人の来校にご協力をいただきました。また、この日は12月初旬の寒さに加え、冷たい雨が降り続いて、足元が悪い中でしたが、入れ替え時の混雑を避けるために、自家用車ではなく、公共交通機関を利用して来校いただき、ありがとうございました。生徒のみんなは、保護者の方が来ている喜びの中、一生懸命頑張ることができました。なかには、恥ずかしい気持ちを口にする生徒もいて、心の成長を感じました。

社会体験学習に行ってきました

9月16日(金)中学部1年生は、草加市の施設等を活用した社会体験学習を行いました。初めに、草加市文化会館の伝統産業展示室『ぱりっせ』に行き、革工芸の体験を行いました。職人さんに作り方を丁寧に教えていただき、とてもかわいい動物のチャームを作ることができました。その後は、事前学習でクラスごとに決めていたお店に行き、昼食をとりました。帰りは、草加駅から獨協大学前駅まで電車を利用し、学校へ戻ってきました。中学生になって、初めての校外学習は、みんなと楽しく様々な体験をすることができました。

夏祭り集会

中学部では、7月20日(水)に、夏祭り集会を行いました。生徒1人1つのダンボ―ルを高く積み上げて、やぐらを作り、荒馬踊りを行いました。また、音楽の授業で習った歌や、かがやきタイムのダンスグループ、中3では修学旅行の夜レクで踊ったダンスなどの発表も行いました。とても盛り上がり、笑顔あふれる楽しい時間になりました。

ひまわり咲きました

中学部1年生では、5月中旬に、ひまわりの種を植えました。暑い日も毎日欠かさず水やりを行い、少しずつ大きくなっていくひまわりを観察し、写真を撮ったり、観察日記をつけたりしてきました。各クラスで育ててきたひまわりが、7月に入り、大きな花を咲かせました。生徒たちは、「咲いたよ!」「きれいだね」など様々な思いを伝えあっていました。今後は、ひまわりの種を採取できるように、最後まで育てていきます。

せんべい焼き体験

中学部2年生は、昨年予定していた「せんべい焼き体験」がコロナ禍で実施できなかったため、時期をずらして、今月、無事に実施することができました。せんべいは、3~5秒の間にひっくり返さないと曲がってしまったり、焦げてしまうため、どの生徒も集中して、焼くことができました。1人2枚のせんべいを焼き、1枚は自分自身で食べて、もう1枚は、家族に上げるという生徒が多くいました。

修学旅行に行ってきました

6月22日(水)から24日(金)の2泊3日で、新幹線に乗って、仙台松島方面に修学旅行に行ってきました。

初日は、仙台名物の牛タンを食べたり、うみの杜水族館でイルカショーを見たりしました。

 

2日目は、海辺の散策、遊覧船、松島を散策したり買い物をしたりしました。

 

 

最終日は、笹かま焼き体験をしたり、青葉城に行ってお土産を買いました。

青葉城の伊達政宗像は、修復中でした。

 

コロナ禍で、行事ができない時期もありましたが、無事に2泊3日の修学旅行に行くことができ、どの生徒もとてもよい笑顔を見せてくれました。

中学部運動会を行いました

 中学部では、延期になっていた運動会を6月3日(金)に開催しました。中学部伝統の「ロックソーラン節」では、振り付け以外にも、波をイメージして揺らしたり、鳴子を鳴らしたりと、生徒一人一人が自分に合った表現をすることができました。今年度から加わったレクリエーション種目「大玉おくり&玉入れ」では、自分より大きな玉を転がす楽しさや、玉を投げて入った喜びを感じられました。「全員リレー」では、全チームが仲間にバトンを渡し、ゴールすることができました。「大玉おくり&玉入れ」では赤組が、「全員リレー」では白組が勝ち、両組優勝となりました。

宣誓

ロックソーラン節

大玉おくり&玉入れ

全員リレー

表彰

新入生歓迎会

1年生が入学して2週間が経ちました。中学部では、21日(木)に、新入生歓迎会を行いました。1年生がクラスごとに、自己紹介を行い、2,3年生は中学部で歌い継がれている【えがおキラキラ】の曲に合わせて踊りを披露しました。

1年生のみなさん、ご入学おめでとうございます。これからは、中学部の一員として、一緒に勉強していきましょう。

新年度がスタートしました

新年度が始まり、様々な授業が始まってきました。また、検診等の保健行事も多い時期でもあります。中学部3年間は、心身ともに大きく成長する時期で、身長が1年間で15cm伸びたという生徒もいます。今年度も、大きく成長できるように、教員一同、支援指導してまいります。

中学部 3年生を送る会

3月18日(金)に小中学部卒業式が行われます。中学部では、『3年生を送る会』を行い、今までお世話になった3年生に向けて、1年生は合奏、2年生は身体表現で感謝の気持ちを伝えました。最後は、1,2年生で花道を作り、3年生を見送りました。高等部に行っても頑張ってください。

きらきらマーケット

中学部では、きらきらまつりの頒布活動以外にも、中学部の生徒同士での頒布活動『きらきらマーケット』を行っています。今回は、感染症予防対策として、お金ではなく、チケットと製品を交換する方法で、無人の頒布活動を実施しました。クラスごとに時間を設定して、お気に入りの製品を一つ見つけて、チケットと交換しました。自分たちが作った製品を、友達が選んでくれた時には、「これはね・・・」と製品について説明をする生徒や、自分たちで作った製品を選ぶ生徒もいて、無人ではありましたが、多くの笑顔が見られた頒布活動となりました。

進路学習

中学部では進路学習を行い、働くうえで大切になってくる「あいさつ」「生活習慣」「言葉遣い」「最後まで取り組む力」などを教員の作成した映像等で学び、ボールペンやキャラクター消しゴムの組み立て、付録の仕分け等の体験を行いました。中学部3年生は、高等部に進学した時に向けて、1週間の校内実習にも取り組みました。どの生徒も、集中して活動に取り組みました。その後の作業学習の時間には、あいさつや報告、言葉遣いなどに変化が見られ、進路学習で学んだことが活かされた場面も多く見られました。

 

メガロス草加のダンスレッスンを受けました

かがやきタイムのダンスグループでは、メガロス草加のスタッフの方に来校していただき、ダンスのレッスンを受けました。プロ野球選手の登場曲としても使われていた「GUTS!」という曲で、見本で見せてくれたダンスはとてもカッコよく、生徒たちはボールを投げたり、バットを振ったりするような振り付けなど、難しい動きにも挑戦し、上手に踊ることができました。どの生徒もとても良い表情で、最後には、「ありがとうございました」「また来てください」など、感謝の言葉や、またやりたい気持ちを伝えていました。メガロス草加のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

クリスマス集会

中学部では、学部でクリスマス集会を行いました。楽しい雰囲気の中、各学年から音楽の発表や、かがやきタイムのダンスグループによるダンス披露など、様々な団体が、今まで学習してきた内容を発表しました。発表後は、みんなから温かい拍手やコメントをもらい、発表をした生徒もとても良い表情でした。

電気の通り道

中学部3年生では、豆電球を使って、電気の通り道について学習をしました。その学習の中で、身の回りにあるいろいろな物で、電気を通す物と通さない物があるのかを観察、実験しました。アルミホイル、机、窓、床など普段使っている物で、豆電球がつくかを確認し、ワークシートに記入して、みんなの前で発表することができました。

 

お疲れ様会♪

 11月20日(土)に第9回きらきらまつりの中で、中学部は頒布活動を行いました。当日みんな頑張っていましたので、作業学習の時間に【お疲れ様会】を開きました!頑張って作ってきた製品を、頒布することでみなさんに喜んでいただくとともに、お互いの労をねぎらう体験を積むことで、働く意欲を高めていきたいと考えています。お疲れ様会では、ジュースで乾杯したり、お菓子を食べたり、作業班によっては、自分達で買い物に行くところもありました。今後は、新製品の開発や、学部内で行われる頒布活動に向けて作業学習に取り組んでいきます。

第9回きらきらまつり

 11月19日(金)、20日(土)に第9回きらきらまつりを開催しました。19日(金)は、中学部全員で体育館に集まり、オープニング動画を見て、2日目の頒布活動に向けて、準備を行いました。20日(土)では、保護者の方に、午前と午後で、学年ごとに分散して来校していただき、作業学習で作ってきた製品を頒布しました。その他にも、高等部の頒布やPTA主催の駄菓子屋さんに買い物へ行ったり、図工や美術作品の展示を見学したりしました。本番が期待と不安でいっぱいだった生徒たちからは、多くの笑顔が見られました。

 

せんべい焼き体験をおこないました

中学部2年生は、『せんべいの庭』というお店に行き、せんべい焼き体験をおこないました。

①3秒焼いてひっくり返す

②膨れてきたら押さえて平らにする

③焦げ目をつける

④醤油を塗る

4つの工程で、みんなおいしそうなせんべいを作ることができました。生徒たちに感想を聞くと、『(焦げ目が)にがーい!!』『美味しかった!』『お店で売っているように焼けた!』などと言っていました。

本来は、昨年度の中学部1年生の社会体験学習で行く予定でしたが、コロナ禍で中止だったため、1年越しのせんべい焼き体験ができました。

小学部低学年向けに頒布活動を行いました

 小学部低学年の児童に向けて、ビーズ班、木工班、革工班で頒布活動を行いました。きらきらまつりにも頒布活動を行いますが、今回は密を避け、小学部の児童には、ゆっくり買い物をしてもらいました。年の離れた先輩、後輩と関われる場面を作ることができ、中学部の生徒も、きらきらまつりの前に、頒布活動を体験できる良い機会となりました。

2年生では藍染めを行いました

2年生は生活単元学習で、埼玉県について学習しています。今までは加須のこいのぼり、小川町の紙すき、行田の勾玉について学習してきました。そして今回は、羽生の藍染について学習し、実際にハンカチを藍染しました。輪ゴムやクリップ等を使用してハンカチを結び、藍液に漬けて、模様を付けました。生徒一人ひとり違った模様が付き、自分だけのハンカチを作ることができました。

1年生で夏祭りを行いました

中学部1年生は、『夏祭り』を行いました。ゲームごとに会場を分け、クラスが重ならないようにゲームをする順番を決めて、密にならないように工夫して実施しました。ヨーヨーつり、的あてゲーム、お菓子釣りゲーム、わなげゲーム、ペットボトルボウリングを行い、どのゲームも生徒たちは楽しくまわることができました。

七夕祭り

3年生が修学旅行で行った仙台では、有名な七夕祭りがあります。7月7日が全国的に広まっていますが、仙台で行われる七夕祭りは東北三大祭りの一つで、例年8月6日~8月8日に行われています。七夕といえば、一般的には笹の葉に願い事を書いた短冊を飾り付けていますが、仙台では、“7つの飾り”と呼ばれる、7種類の飾りで構成されており、とても華麗なものとなっています。そこで、3年生は、仙台の七夕飾りを制作しました。埼玉県でも緊急事態宣言が発令されて厳しい日々が続いていますが、1日でも早く新型ウィルス感染症が終息することを願います。

夏祭り集会を行いました

中学部では、7月21日に、夏祭り集会を行いました。生徒1人1つのダンボ―ルを高く積み上げて、やぐらを作り、荒馬踊りを行いました。また、音楽の授業で習った歌や、かがやきタイムのダンスグループ、国語・数学グループで取り組んだ早口言葉など、これまでの学習の成果を発表しました。とても盛り上がり、笑顔あふれる楽しい1日になりました。

土曜参観を行いました

 7月3日(土)は授業参観で、作業の授業を参観していただきました。中学部では、保護者の皆様に、ミニ運動会動画視聴と作業の授業参観に分散していただくなど感染症対策を行いながら実施しました。作業でできた製品は、今後、文化祭等で頒布活動を行っていきます。

※写真は、今までの作業での様子です。

修学旅行に行ってきました

 6月23日(水)より2泊3日で、宮城県の仙台・松島方面へ行ってきました。大宮駅から仙台駅まで約1時間半、新幹線で移動し、初日は、名物でもある牛タンを食べ、仙台うみの杜水族館でイルカやアシカのショーなどを楽しみました。2日目の朝は、浜辺を散策しました。その後、遊覧船に乗り松島湾内の綺麗な景色を楽しみました。クラス別の松島散策、ホテルでの夜レクなども良い思い出となりました。最終日は、笹かま焼き体験を行い、青葉城址にある伊達政宗像の前で記念写真を撮りました。感染症対策をこまめに行いながら、楽しい思い出をたくさん作ることができた修学旅行となりました。保護者の皆様、当日までの準備や送迎など様々な面でご協力いただきまして、ありがとうございました。

中学部ミニ運動会を行いました

 6月10日(木)、中学部では、ミニ運動会を行いました。今年度も運動会が中止となってしまい、例年この時期に体育で行っているロックソーラン節とリレーの成果を発表することができて良かったです。最近、好きな体育の種目を聞くと、多くの生徒が「ソーラン!!」「リレーが好き」と言っていて、教員一同、うれしい気持ちになりました。

プール開き

 今年度は、感染症対策を行い、生徒たちが待ちに待っていた水泳の授業を実施します。活動内容は、一方向を向いた活動や前後半で密を避ける活動など、内容を例年と変更して行います。また、狭い更衣室で密になることを避けるため、広い教室で人数を調整して着替えを行います。第1回目の水泳学習では、天気に恵まれ、6月にも関わらず、最高気温が30℃を越える暑さとなり、絶好の水泳日和となりました。生徒たちも久しぶりの水泳の授業に笑顔が多くみられました。

中学部1年生 お楽しみランチ

中学部1年生では、コロナ対策をしっかり行いテイクアウトやデリバリーなどを利用して、各クラスでランチを用意し、昼食を取りました。今年度は、多くの行事が中止や縮小となり、特別な思い出がなかなか作れなかった中、楽しいひと時を過ごすことができました。

きらきらマーケット

 中学部では、作業学習で作製した製品を、生徒同士で頒布する活動を行いました。1人1枚製品と交換できるチケットを持って、友達の班の製品を選びました。頒布する生徒は、声を出して友達を呼び、自分の作製したものがチケットと交換してもらえた時には、多くの笑顔が見られました。

中学部3年生 校内実習

 1月25日~29日の1週間、中学部3年生では校内実習を行いました。校内実習では、働く上で大切な「挨拶、返事、報告」、それに加えて集中力、持続力を身につけることをねらいとしています。今回は、「ボール班」と「シュレッダー班」の2つの班に分かれて行いました。実習の日にちを重ねるごとに、見通しを持ち取り組むことや自分から報告することができるようになりました。実習の最終日には、お給料をもらい、働く喜びを身をもって感じることができました。

生徒会選挙事前学習

 中学部では、2月10日に行われる生徒会選挙の事前学習を行いました。『選挙とは何か』そして『生徒会選挙』について学習し、『模擬選挙』を行いました。3名の教員に演説してもらい、当選した暁には、この場で教員の特技などを披露すると公約し、記載台で記載、投票、そして開票まで行いました。自分が選んだ人の票が入ると歓声が上がり、当選した教員の特技などを見て、笑顔が多く見られました。

書初め

 年が明け、中学部では『書初め』に取り組みました。

 書き初めは、1月2日に行うものが習わしと言われ、この日に書くことによって書道がうまくなると昔から言い伝えもあるほか、目標やうまくいくことを願うという意味で行われているとも言われています。大体1月15日までに書くことが書き初めとされているそうです。

 どの生徒も集中して、決められた課題の文字や、好きな言葉を自由に書くことができました。

中学部3年生 社会体験学習

 12月18日、社会体験学習がありました。

 感染症対策のため、マスクやアルコール消毒を入念に行い、群馬サファリパーク・こんにゃくパークに行ってきました。

 群馬サファリパークでは、ガイドラジオを聞きながら、夢中になってバスの中から色々な動物たちを探していました。えさやり体験では、事前学習の効果で全員が動物にえさをあげることができました。

 こんにゃくパークの足湯では、疲れた足を癒し、身も心も温め学校へ帰ってきました。

 友達と一緒にたくさんの体験をして、中学部最後の楽しい思い出を作ることができました。

中学部頒布活動

 11月21日(土)、第8回きらきら祭りを開催しました。中学部の頒布活動では、新型コロナウィルス感染防止のため、場所を広い体育館で行い、保護者の方の来校を学年ごとに分散することで密を避けて実施しました。そのことで保護者の方には、例年よりも、ゆっくり見ていただくことができたかと思います。生徒たちも余裕を持って頒布活動に取組むことができて、多くの生徒が「頒布活動が楽しかった。」と言っていました。ご来校いただいた保護者の皆様、生徒の頑張りを近くで見ていただき、ありがとうございました。