高等部の様子

高等部の様子

地域のお店にK→STYLEの製品を置いていただきました

作業学習で制作しているK→STYLE製品を、地域の方に知ってもらうため、新しい取組が始まりました。

草加市ファッションプラザ「フジヤ」さん、「平和堂」さんにご協力をいただき、K→STYLE製品を置いてもらうこととなりました。

「フジヤ」さん、「平和堂」さんは、市内の小中学校や高校の制服などを取り扱っているお店で、地域の多くの方が利用しているお店です。

今回は、手工芸班の生徒が、自分たちが作った「ビーズフラッグ」を納品しに「フジヤ松原店」に伺いました。

社長さんに出迎えていただき、製品をお渡しすることができました。

生徒たちにとって、自分たちが作ったビーズフラッグが、お店に並ぶということを実感する、よい機会となりました。

これからも継続して取り組み、地域の方に本校の取組を知っていただく機会としていきたいです。

生徒会役員の生徒が学校評議員会に参加しました

7月1日(木)に第1回学校評価懇話会及び学校評議員会が行われました。

生徒会役員の4名の生徒が、本校児童生徒の代表として参加しました。

生徒会役員の生徒からは、全校児童生徒から集めた「こんな学校になったらいいなアンケート」の結果をもとに、今年取り組んでいきたいことの報告がありました。

学校評議員の方からは、「交流会や体育大会でどのようなことを行いたいですか」などの質問があり、自分たちが考えていることを発表しました。

生徒たちにとっては、緊張感のある場でしたが、立派に生徒会の取組を紹介でき、よい経験になりました。

  

 

オリ・パラ応援プロジェクトに応募しました(第2弾)

美術班に続いて、高等部2学年でも、「東京2020オリンピック・パラリンピックに向かって頑張っている選手を応援する子供たちの作品募集」企画に、生徒の作品を応募しました。

2学年では美術の授業で、色のついた砂で色付けする“砂絵”に取り組み、「オリンピック・パラリンピック」をテーマに思い思いの作品に仕上げました。

応募した作品は、オリンピック・パラリンピックの会場の周辺のスクリーン掲示板などで展示されるそうです。

コロナ禍の中、大々的に応援することが難しい状況なので、このような取組を通して、生徒の応援している気持ちが届くと嬉しいです。

プール指導が始まりました。

プール指導が始まりました。

高1では、生徒の水慣れの状況や泳力に応じて、複数のグループに分かれて指導しています。プールが好きな生徒が多く、どのグループの生徒を見ても楽しそうに取り組んでいるのが印象的です。

新型コロナウイルス感染予防のため、プールでの密をさける、更衣室を複数設けるなどの対策をしっかり行いながら実施して参ります。また、生徒数の多い学年では、2グループに分け実施するため、プール指導の時間が少なくなりますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

校内・現場実習が始まりました。

高等部では、年に3回の校内・現場実習期間を設けています。

今回は、高等部2年生・3年生を対象に、6月14日(月)から6月25日(金)の2週間行います。

校内実習は、学校を職場と見立て、近隣の企業や福祉事業所等から請け負った仕事を行います。

挨拶や言葉遣い、報告・連絡・相談、身だしなみ、時間のメリハリなど、職場で働くための習慣や態度を学ぶことを大切に取り組んでいます。