ブログ

中学部の様子

中学部1年生 お楽しみランチ

中学部1年生では、コロナ対策をしっかり行いテイクアウトやデリバリーなどを利用して、各クラスでランチを用意し、昼食を取りました。今年度は、多くの行事が中止や縮小となり、特別な思い出がなかなか作れなかった中、楽しいひと時を過ごすことができました。

きらきらマーケット

 中学部では、作業学習で作製した製品を、生徒同士で頒布する活動を行いました。1人1枚製品と交換できるチケットを持って、友達の班の製品を選びました。頒布する生徒は、声を出して友達を呼び、自分の作製したものがチケットと交換してもらえた時には、多くの笑顔が見られました。

中学部3年生 校内実習

 1月25日~29日の1週間、中学部3年生では校内実習を行いました。校内実習では、働く上で大切な「挨拶、返事、報告」、それに加えて集中力、持続力を身につけることをねらいとしています。今回は、「ボール班」と「シュレッダー班」の2つの班に分かれて行いました。実習の日にちを重ねるごとに、見通しを持ち取り組むことや自分から報告することができるようになりました。実習の最終日には、お給料をもらい、働く喜びを身をもって感じることができました。

生徒会選挙事前学習

 中学部では、2月10日に行われる生徒会選挙の事前学習を行いました。『選挙とは何か』そして『生徒会選挙』について学習し、『模擬選挙』を行いました。3名の教員に演説してもらい、当選した暁には、この場で教員の特技などを披露すると公約し、記載台で記載、投票、そして開票まで行いました。自分が選んだ人の票が入ると歓声が上がり、当選した教員の特技などを見て、笑顔が多く見られました。

書初め

 年が明け、中学部では『書初め』に取り組みました。

 書き初めは、1月2日に行うものが習わしと言われ、この日に書くことによって書道がうまくなると昔から言い伝えもあるほか、目標やうまくいくことを願うという意味で行われているとも言われています。大体1月15日までに書くことが書き初めとされているそうです。

 どの生徒も集中して、決められた課題の文字や、好きな言葉を自由に書くことができました。

中学部3年生 社会体験学習

 12月18日、社会体験学習がありました。

 感染症対策のため、マスクやアルコール消毒を入念に行い、群馬サファリパーク・こんにゃくパークに行ってきました。

 群馬サファリパークでは、ガイドラジオを聞きながら、夢中になってバスの中から色々な動物たちを探していました。えさやり体験では、事前学習の効果で全員が動物にえさをあげることができました。

 こんにゃくパークの足湯では、疲れた足を癒し、身も心も温め学校へ帰ってきました。

 友達と一緒にたくさんの体験をして、中学部最後の楽しい思い出を作ることができました。

中学部頒布活動

 11月21日(土)、第8回きらきら祭りを開催しました。中学部の頒布活動では、新型コロナウィルス感染防止のため、場所を広い体育館で行い、保護者の方の来校を学年ごとに分散することで密を避けて実施しました。そのことで保護者の方には、例年よりも、ゆっくり見ていただくことができたかと思います。生徒たちも余裕を持って頒布活動に取組むことができて、多くの生徒が「頒布活動が楽しかった。」と言っていました。ご来校いただいた保護者の皆様、生徒の頑張りを近くで見ていただき、ありがとうございました。