高等部の様子

作業学習の様子

作業の学習が始まり、約1ヵ月が経ちました。

今回は、生活応用類型の作業学習の様子を紹介します。

今年度は、生徒数の減少の為、生活応用類型の作業班は「食品加工班」と「サービス班」の2班となりました。

「食品加工班」はクッキーやカップケーキ、パンなどを製作し、きらきらカフェや文化祭などで頒布活動を行っています。コロナ禍の中、より一層、衛生面に気をつけて作業を行っています。写真は、使用する器具の消毒を行っている様子です。話を聞きながらメモを取ることは生徒にとってなかなか難しいことですが、大切なスキルの1つです。

「サービス班」は校内や近隣の施設の清掃活動や、月1ペースで開催されるきらきらカフェの運営を行っています。写真は、ホテルの支配人をされている外部講師の方に、接客の大切な言葉についてご指導いただいている様子です。

この他、生活基礎類型、生活総合類型の作業学習においても、今年度新たなメンバーとなり、色々な作業工程を体験しながら、取り組んでいるところです。生徒の得意なことを生かしながら、1年間取り組んで参ります。

作業学習についてはこちら

きらきらカフェについてはこちら