高等部の様子

自転車安全運転推進講習会

 4月15日(月)に、高等部では自転車を利用する生徒や今後自転車に乗る可能性のある生徒を対象に、「自転車安全推進講習会」を実施しました。埼玉県警察本部が提供している動画やポイントを説明したスライドで、特に自転車に関わる交通ルールについて学習しました。

 例年、高校生の自転車事故(特に4~7月)は多発しており、登下校や日常生活において特に注意が必要です。交通事故を合わない・起こさないために、交通ルールのポイント集を生徒に配布していますのでご家庭でも確認ください

 必ずご確認頂くことは、①自転車保険への加入(埼玉県では加入義務あり)、②自転車の点検(学校では実施済です)、③ヘルメット着用(※)についての3点をお願いします。

(※)道路交通法の一部改正(令和4年4月27日公布)により「全年齢に対する自転車乗車用ヘルメットの着用努力義務化」が公布され、令和5年4月1日から施行されました。改正後の道路交通法第63条の11では、「自転車の運転者は、乗車用ヘルメットをかぶるよう努めなければならない」と規定されました。ただし、罰則はなく、努力義務とされています。これをうけて、本校では「ヘルメットを着用する重要性(自分自身の命を守ること)や、ヘルメットの着用は個人の判断のため他者の着用・非着用に対して批評しないこと」などを丁寧に説明して指導にあたっています。また、学校としては、「ヘルメットを着用するように努めてほしい」という方針で指導にあたっていきます。(※学校はヘルメットの着用を強制しません。あくまでも着用の判断は各生徒・保護者に委ねます)】

以上よろしくお願いいたします。