高等部の様子

2020年3月の記事一覧

高等部卒業証書授与式

本日、高等部3年生に卒業証書が授与されました。在校生もお祝いの気持ちを込めて、校内の装飾をして送りました。

高等部卒業制作

来週は、いよいよ高等部3年生が卒業します。最高学年として、後輩たちを引っ張ってきてくれました。その3年生が、のぼりとプラカードを制作し学校に残してくれます。先輩たちの気持ちを大切に、引き継いでいきましょう。大切に使います。ありがとうございます。

獨協大学で清掃活動

2月20日(木)高等部作業学習サービス班で、獨協大学に清掃活動に行ってきました。広い敷地に開放感のある建物。大きな講堂なども見学させていただき、生徒はいつにも増して清掃への意欲を高め取り組みました。あいにく、大学は春休み期間ということで、学生さんは少なかったのですが、サークル活動などで使う学生会館の清掃では、大学生の姿も見られました。今後も活動を続けていく中で本校を知っていただき、きらきらカフェにもご来校いただくなどの交流ができるといいなと思っています。

ハーブ石けん開発への第一歩!!

高等部作業学習リサイクル班では、給食の廃油を使って「ありがとうせっけん」を作っています。今回は、獨協大学にせっけんを届けに行きました。今年度は「地域」をキーワードに、せっけん作りに取り組んできました。当日は、獨協大学の教授と名刺交換とせっけんを渡し、敷地内のハーブの説明を聞いたり、香りをかいだりしました。また来年度の温かい時期に獨協大学と共同でハーブの収穫をし、石けん作りに香料を入れる試作を考えています。

高等部作業製品「ビブリオバトル賞品」として提供

1月18日(土)にレイクタウンで、「R40大人のビブリオバトル in SAITAMA」の決勝戦が開催され、その賞品として「レザーのブックカバー」と「紙工芸のしおり」を提供しました。 「ビブリオバトル」は、自分の好きな本をみんなに紹介し合い、参加者が読みたいと思った本に投票してチャンプ本を決定するイベントです。会場では、きらきらカフを紹介するチラシの配布やスクリーン映写も行われ、大勢の方に本校の取組を知っていただく機会となりました。

 

高等部「職業教育フェア」出店

1月11日(土)に浦和コルソを会場に、「特別支援学校職業教育フェア」が開催され、高等部作業班から木工班とビーズ班が出店しました。 一般のお客さんもおり、木工班のまな板が人気でした。また、ある家族連れの方からは、お子さんが毎年ビーズフラッグを買うのを楽しみにしているというお話をいただき、嬉しく思いました。参加した生徒からは、「緊張したけど、たくさん買ってもらってよかった」との感想が聞かれ、とてもよい体験となりました。

 

高等部交流及び共同学習の取組

高等部では、草加南高校の生徒会と交流及び共同学習を行っています。12月17日に24名の草加南の生徒が来校し、高等部「かがやきタイム」の活動に一緒に取り組みました。写真は球技班のティーボール、合奏班のキーボード演奏、生徒会同士の交流の様子です。本校の生徒、草加南の生徒に関係なく、同じ活動を楽しんでいる様子が印象的で、よい交流が持てました。

 

地域に向けて製品頒布を行いました

高等部作業学習リサイクル班では、給食の廃油を使って「ありがとうせっけん」を作っています。今回は、獨協大学リーガルサービスセンターにせっけんを届けに行きました。今年度は「地域」をキーワードに、せっけん作りに取り組んできました。当日は、センターの職員の方と名刺交換をして、せっけんを渡すことができました。生徒にとって学校周辺地域を知る貴重な経験となりました。

サービス班 清掃活動の出張に行ってきました

高等部作業学習サービス班は、清掃活動にも取り組んでいます。今回は、 草加市子育て支援センターに出張し、窓の清掃や、小さな子が遊ぶ遊具の 清掃などを行いました。

日頃学校で取り組んでいる学習の成果を発揮し、職員の方やセンターを 利用している地域の方に喜んでいただきました。また、小さい頃の生徒を 知っている職員さんもおり、成長を見ていただくことができました。

 

 

高等部陶芸班受注頒布始めました

 地域の事業所より、カフェで使うカレー皿のご注文をいただき、高等部作業学習陶芸班で作成しました。12月6日、事業所で働いている卒業生たちとの交流会を開き、完成したカレー皿を受け渡しました。
 いいお皿を完成させるために、作り方を工夫し、一生懸命取り組みました。手作りのカレー皿を地域の方々に活用していただける、よい機会を作っていただいたことに感謝いたします。