高等部の様子

2022年2月の記事一覧

三送会を行いました。

2月24日、高等部で3年生を送る会を行いました。

コロナ禍のために各学年からのビデオを見る形で互いのメッセージを伝え合いました。

1、2年生からは、3年生に教えてもらったことへの感謝の気持ちがいっぱい聞かれ、ダンスや合奏などで感謝の気持ちを表現しました。

3年生からは、懐かしい写真なども交えながら3年間の行事を振り返り、後輩へのメッセージと社会に飛び立つ思いを伝えました。

卒業の記念として3年生には作業学習で作った製品が代表の生徒を通して渡されました。

最後は、花道をつくり、大きな拍手で3年生を送りました。

卒業まであと2週間、3年生のみんなにはやり残したことがないよう最後まで一生懸命取り組み、有終の美を飾ってほしいです。

K→STYLE製品を納品してきました

電車を使い草加駅前のイトーヨーカ堂の2Fにある「エルビー平和堂さん」にK→STYLE製品の納品に行ってきました(マスク、手指の消毒等の感染対策を十分行い実施しました)。

今回は手工芸班のビーズフラッグとレザークラフト班の革財布、レザーストラップを納品しました。

生徒たちが挨拶をするとお店の方が、

「私たちも付けているのよ」と名札に付けてくれているビーズフラッグを見せてくれたり、

「レジの前に並べているのよ。お客さんも興味を持ってくれて、前回の分は完売したのよ」と教えてくれました。

また、納品した製品を見て、「上手に作ってますね。これからもたくさん作ってくださいね」と励ましの言葉も頂きました。

生徒たちは「お店に並んで嬉しいです」「電車で行けました」などの感想が聞かれ、良い経験になりました。

お近くに行かれた際は、ぜひお立ち寄りください。

職員向けパン頒布を行いました

高等部食品加工班がパン作りを行い、放課後職員向けに頒布活動をしました。

今年度はパン屋さんで働いている講師の先生に定期的に来ていただきご指導いただきました。

プロならではの視点でたくさんのご指導をいただき、生徒にとって貴重な体験となりました。

今回、今年度最後の頒布活動ということで、生徒もいつも以上にはりきっておりマスク越しにも笑顔で接客している姿が見られました。

来年度もきらきらカフェや文化祭など、地域の方にもクッキーやパンをご提供できるよう取り組んで参ります。

R4年度生徒会役員選挙を行いました

2月9日に生徒会役員選挙を行いました。

現高1、2年生の生徒から立候補があり1月から選挙活動を行なってきました。

感染予防のため、選挙当日は各教室で候補者の演説を映像で見て、少人数ずつ体育館に設置された投票場で投票しました。

記載台や投票箱は、草加市選挙管理委員会のご協力を得て、実際の選挙で使用しているものをお借りしました。

高3の選挙管理委員会の生徒が名簿を確認しながら投票用紙を渡すなど、実際の選挙に近い形で取り組みました。

投票には中3から高3の生徒が参加し、5名のR4年度生徒会役員が決定しました。

生徒代表として良い学校づくりに参画して参ります。

 

3年生 持久走記録会

3年生の体育の時間に、これまで取り組んできた持久走の記録会を行いました。

生徒の走力に応じて、3000M、2500M、2000M、1000Mの4つのグループに分かれて走りました。

タイマーをみながら目標のペースを意識して走る生徒、ゆっくりではあるけど歩かないで走り続ける生徒と、それぞれのベストを尽くして走り切ることができました。

3年生 身だしなみ講座

高等部3年生では社会に出ていく第一歩として、資生堂の方にご協力いただき「身だしなみ講座」を行いました。

男子は洗顔やヘアーセット、女子はお化粧の仕方を教えていただきました。

男子はフェイスシートで顔をすっきり、さらに化粧液をつけてお肌ツルツルのさわやかな青年になりました。

髪の毛はワックスをつけて、社会人に相応しい爽やかな髪形にしました。

女子は慣れない化粧品や化粧道具を使っての挑戦、ファンデーション、アイメイク、リップ、チークと進んでいくと、どんどん素敵なお姉さんになっていきました。

男子も女子も鏡の中の自分の姿の変化に照れながらも、とても真剣にそして嬉しそうに取り組んでいるのが印象的でした。

 

1・2年生社会体験調べ学習発表会

1年生と2年生が社会体験学習の調べ学習発表会を行いました。

本来、1年生はさいたま市の鉄道博物館、2年生は上野の国立科学博物館に行く予定でしたが、新型コロナウイルス感染の拡大により、中止となりました。

各学級で、博物館の展示コーナーの説明や食事・お土産の情報までとても詳しく調べて発表していました。魅力的な情報満載で聞いていて行ってみたいなと思いました。

発表の仕方も、模造紙にまとめたり、プロジェクターを利用したり、ダンスしたりと創意工夫して、楽しく・ためになる発表会となりました。

コロナの状況が収まったら、ぜひ家族や友達と行ってみてほしいです。