高等部の様子

2022年9月の記事一覧

夏祭りを企画しました

高2重複学級の生活単元学習の授業で「夏祭り」を行いました。

コンセプトは「自分たちで作ったお店に学年の友達を招待しよう」です。

これまでの授業でお店の道具や飾りを作って、当日は、お店屋さんになって接客しました。

学年の友達も準備している段階から楽しみにして覗きに来るなど大盛況でした。

就労支援アドバイザー生徒向け講習会

9月16日(金)に就労支援アドバイザーの方にご来校いただき、生徒向け講習会を行いました。

午前の部では、作業の様子を見ていただきました。どの生徒も一生懸命に作業に取り組んでいる様子や生徒に応じて製品作りが考えられている点が素晴らしいと褒めていただきました。

午後の部では、6月の現場実習で企業実習を行った10名の生徒を対象に講習会を行いました。「仕事とは」のテーマで「なぜ働くのか?」「どんな目標で働くのか?」「企業で働くために大切なことは何か」を話していただきました。

学校生活の中で自分は将来こうしたいという気持ちを持つことが大切であり、そこで培ってきたことが社会で役に立つと教えていただきました。

生徒たちは真剣に耳を傾け、積極的に質問するなど、充実した時間を過ごせました。

きらきらカフェ開催しました

9月16日、きらきらカフェののぼりが青空に映える気持ちの良い天気の中、カフェを開催しました。

市内の地域包括センターの方にもご利用いただくなど、多くのお客様に来ていただきました。

食品加工班はパン作りのため直接頒布は行えませんでしたが、今回から新たにカフェにてクッキーやカップケーキの頒布を行い、お客様にも好評でした。

作業製品頒布は木工班、陶芸班、リサイクル班が行い、こちらも盛況でした。

放課後には、職員向けのパン販売を行いました。

うさぎの形をしたクリームりんごパンなど5種類のおいしそうなパンが並びました。

 

高3 租税教室を行いました。

9月5日(月)の進路の時間に、7名の生徒が租税教室に参加しました。

税理士さんから、税金の大切さについてお話がありました。特に税金がなくなってしまったら、どのような社会になってしまうのかをテーマにしたアニメは分かりやすく、全ての人々が安心して生活するために税金が必要であることが理解できました。

また、給与明細書や源泉徴収票の見方も学習しました。来年には税金を納める立場の生徒たちにとって、とても大切な授業となりました。

きらきらカフェ、パン頒布行いました。

9月2日(金)にきらきらカフェを行いました。

朝から雨が降り、あいにくの天気でしたが、多くのお客様にご来校いただきました。

木工班、レザークラフト班、手工芸班の製品頒布も盛況でした。

放課後には、職員向けのパン頒布を行いました。

新作のパンもあり、こちらも盛況でした。

次のきらきらカフェは9月16日(金)に行う予定です。

頒布活動は、木工班、リサイクル班、手工芸班の予定です。