高等部の様子

高等部の様子

校内・現場実習が始まりました。

1月17日~28日までの2週間、高1、高2の生徒を対象とした校内・現場実習を行っています。

校内実習では、近隣の企業や高校にご協力を得て、製品の封入作業、紙資源の分別作業、野球ボールの修復作業の3つの仕事に分かれて実施しています。

この2週間を通して、次のような力の向上を目指して取り組んで参ります。

1 挨拶、報告・連絡・相談などの「コミュニケーション力」

2 身だしなみを整える、時間を意識して準備する、責任感を持って丁寧に作業をするなど「仕事に向かう力」

3 メリハリをつけて、長い時間仕事する「持続力」

職業教育フェアで展示を行いました。

1月15日(土)に埼玉県の特別支援学校が職業教育・作業学習の取組を紹介する「特別支援学校職業教育フェア」が浦和コルソで開催されました。

今年は、新型コロナウイルス感染対策のため、頒布活動はなく展示のみの開催となりました。

高等部作業学習の「K→STYLE」ブランドをPRする機会となり、来場されたお客様にも足を止めて見ていただきました。

他校の作業製品にもクオリティーの高いものがいくつもあり、刺激を受けることができました。

今後の作業学習の充実につなげて参ります。

きらきらカフェ開催しました

1月14日(金)にきらきらカフェを開催しました。

今回は、地域の小学校から15名程お客さんが来てくれました。

また、保護者や地域の方、卒業した先輩などにも来ていただき、

K→STYLE製品もたくさん購入していただきました。

今回で今年度のきらきらカフェは全て終了です。

今年度も多くのお客様にご来校いただき、生徒たちが貴重な経験を積むことができました。

心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

ビーズフラッグを受注制作しました

昨年に引き続き、草加パドラーズ主催の「第2回松尾芭蕉杯カヌー大会」の完漕賞として、高等部手工芸班のビーズフラッグの受注をいただきました。

今年は青とピンクのくじらを制作しました。手工芸の生徒たちは納期までに60個仕上げるという目標を持って意欲的に取り組めました。

草加パドラーズは、カヌー教室を開いたり、カヌーに乗って川のごみ拾いを行ったりなどの活動を行っている団体です。高校でカヌー競技を頑張っている生徒さんも所属しており、同じ高校生ということで、今回、完成したビーズフラッグを受け取りに来てくれました。ビーズフラッグの出来に喜んでくれ、昨年のビーズフラッグもつけてくれていると話してくれました。

また、「カヌー体験会も行っているのでぜひ本校の児童生徒にも」とご紹介いただきました。興味のある方は「草加パドラーズ」と検索してみてはいかがでしょうか。

獨協大学の学生さんに来校いただきました。

以前、リモートで交流授業を行った、獨協大学の学生さんがきらきらカフェに来てくれました。

作業製品の頒布やきらきらカフェを楽しんでいただいた後、

生徒会長が校内を案内して作業学習の様子を見学してもらいました。

特に、SDGsの交流授業に参加した「リサイクル班」や「紙工芸班」では、

作業の工程を説明したり、実際に作業に取り組む様子を見ていただきました。

交流授業のときは恥ずかしそうにしていた生徒も積極的に声をかけたりと、

少し年上の学生さんに、みんな嬉しそうにしていました。

生徒会長からは、「自分の苦手なことにどう向かったり対処したりしていますか?」との質問があり、

学生さんからたくさんアドバイスを受けることができました。

獨協大学、高安ゼミの皆さんありがとうございました。

交流授業の様子

12月10日 きらきらカフェ開催しました。

12月10日(金)にきらきらカフェを開催しました。

今回は、保護者の方や近所の方の他、草加市内の小学校や中学校の特別支援学級の児童・生徒さんが、学習の一環として来校してくださいました。

カフェでゆっくり過ごしていただいた後は、作業製品のお買い物も楽しんでいただきました。

たくさんのお客さんに、高等部の生徒も喜んで、積極的に製品をアピールするなど活気のある活動ができました。

 

きらきらカフェは次回1月14日(金)に開催予定です。

今年度最後の開催となります。地域の皆様、ぜひご来校ください。

彩の国ふれあいピックバレーボール大会

 11月28日(日)、上尾運動公園体育館においてふれあいピックバレーボール大会が行われ、高等部球技部の生徒21名が出場してまいりました。無観客での実施でしたが選手たちは一生懸命健闘し、男子3位、女子2位という結果に終わりました。また、1年生の女子生徒1名が埼玉県代表候補選手に内定をしました。代表選手は5月に行われる関東ブロック大会に向けて選抜チームの練習に参加することとなります。

 

高1進路「職場を知ろう」

高等部1年生の進路の授業の様子を紹介します。

例年高等部1年では、卒業後の進路にイメージを持つために、近隣の福祉施設や企業(工場)に見学に行っています。

コロナ禍のため、今年度よりビデオ教材で学習することとなりました。

ビデオは、卒業生が働いている企業や施設に協力をいただき作成しました。

授業では、ビデオ教材を見ながら、「どんな仕事をしているか」「働く上で大切にしていることはどんなことか」「学生のうちに身につけておくべきことはどんなことか」などを先輩や職場の人の話を聞きながら、ワークシートにまとめていきます。

ビデオ教材のメリットとして、いくつもの職場が見られること、分からないときは繰り返し見て確認できることなどが挙げられます。

学校でも、働くために大切なことは、事あるごとに伝えていますが、実際に働いている先輩などから改めて伝えてもらうと、とても説得力があり、生徒からも「やはり、挨拶、報告、連絡、相談はできるようにしておくべきと実感しました。」という感想を聞くことができました。

 

 

 

11月12日、きらきらカフェを開催しました。

11月12日(金)、きらきらカフェを開催しました。

今回も地域の方、企業の方など大勢の方にご来校いただきました。

接客を担当した生徒から、

「小さな赤ちゃんを連れてきているお客様がいて、飲み物を出す場所を、赤ちゃんの手が届かないところにするのを気を付けました」という話を聞きました。

実際のお客様と接しているからこそ、いろいろな対応を学ぶことができています。

作業班頒布も好評でした。

きらきら祭りを前に、接客のよい学習となりました。

 

高等部3年生 租税教室を行いました。

11月8日(月)税理士の方をお招きし、租税教室を行いました。

税理士の方から、税金の種類や、税金がどのように使われているのかを説明していただきました。

また、実物の給与明細や源泉徴収票を使いながら、住民税や所得税、実際に控除を除いたお給料などの見るポイントをわかりやすく解説していただき、生徒たちは社会に出る準備として学習しました。

講義の最後には、実際の1億円と同じ重さ、大きさのぎっしりと詰まった紙幣を持ち、重さに驚きました。