高等部の様子

高等部の様子

獨協大学の学生と交流授業を行いました。パート2

前回に引き続き、獨協大学経済学部高安ゼミの学生と2回目、3回目の交流授業を行いました。

2回目の活動は、リモートで、互いにモニターに向かい合いながらの交流となりました。

互いに自己紹介をした後は、高等部の作業学習の取組や、SDGsについての質問など、大学生からのインタビューに答えました。

生徒は用意していたフリップを見せながら説明したり、自分なりの言葉で説明したりと、立派にやりとりすることができました。

3回目の活動では、大学生がSDGsについてのセミナーをしてくれました。

1回目の授業見学、2回目のインタビューの内容をうまく取り入れてくれながら、みんなが取り組んでいる活動がSDGsにつながっていることを教えてくれました。

セミナーが終わると、高等部の生徒から「自分たちがやっている作業が、SDGsの役に立っているのを知って、もっと作業を頑張ろうと思った」などの感想が聞かれました。

3回にわたる交流授業でしたが、終始、和やかに自然な形で交流ができ、大変貴重な経験となりました。

 

 

レザーストラップ納品しました

レザークラフト班の生徒が、ファッションプラザフジヤさんに製品の納品に行きました。

まずは学校で、スライドを見ながら納品の流れなどを確認し、挨拶や受け渡しの練習をしてから向かいました。

お店につくと社長さんがやさしく迎え入れてくださり、生徒たちは、緊張しながらも練習通りにやりとりすることができました。

ファッションセンターフジヤさんは、9月中にお店を閉めてしまうことになり、今回持って行った製品は、同じく学生服を取り扱っている平和堂さんに置いてくださることとなりました。

生徒たちからは、「緊張したけど製品を渡せてうれしかった。」「もっと、製品を作って持っていきたい」などの感想が聞かれました。

ファッションセンターフジヤ様には、これまで生徒の取組にご協力をいただき大変ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

 

獨協大学の学生と交流授業を行いました

高等部の作業学習において、獨協大学の学生と交流授業を行いました。

今回交流した獨協大学経済学部高安ゼミは、SDGsを社会に広める活動を行っており、草加せんべいの企業とコラボして廃棄になる「割れせん」を若者向けに再パッケージしたり、その工場で出る廃油を利用して石鹸を作り販売したりするなどの取組を行っています。

高等部の作業学習においても、給食の廃油を再利用した石鹸づくりや、牛乳パックを再利用した紙工芸品づくりなど、同じような取組を行っていることから交流授業を行いました。

1回目は、高等部の作業学習の様子をリモートで見学してもらいました。紙工芸班やリサイクル班を中心に、生徒が作業工程を説明したり、実際に取り組んでいる様子を見てもらうことができました。

リモートでのやりとりは初めての試みでしたが、モニター越しにも、互いに「よろしくお願いします」と手を振り合ったり、大学生の質問に対して生徒が答えたりするなど、ふれあいを持つことができました。

職員向けのパン頒布を行いました

夏休みも終わり、今週から通常の時間での授業が始まりました。

9月3日(金)には、職員向けに、食品加工班のパン頒布がありました。

夏季休業中に、新たに開発したパンも含め、計6種類のパンが並び、盛況でした。

10日(金)のきらきらカフェが緊急事態宣言のため中止となり残念ですが、また地域の皆さんにクッキーやカップケーキがご提供できるように準備して参ります。

国語の作品紹介

高等部3年生課題別グループでの国語の授業の紹介です。

清少納言の枕草子「春はあけぼの」のオマージュ作品として、自分なりの「春は〇〇」を考えました。

パソコンを使って、文章やイラスト、背景なども自分たちで考えて作りました。

それぞれ、個性的な作品ができたので、紹介します。

長い夏休み、みなさんも文学に触れてみてはいかがですか?

 

 

TOKYO2020応援プロジェクト パート2

前回に引き続き、 TOKYO2020応援プロジェクトの紹介です。

草加市は、パラ競泳コロンビア代表チームのホストタウンになっています。

一昨年度は、市民プールでの事前キャンプの様子を、高等部手工芸班の生徒が見学し、コロンビアの国旗のビーズフラッグをプレゼントしました。

今年度は、コロナ禍のため、残念ながら、事前キャンプは中止となってしまいましたが、高等部では、手工芸班と紙工班がコラボレーションして、日本をイメージした応援作品を作りました。

また、草加市スポーツ振興課オリパラ推進室の方と連携し、球技班Bチームを中心としてコロンビア選手への応援メッセージの動画撮影も行いました。

作成した応援作品や応援動画は、コロンビアの選手へ届けられます。オリンピックに引き続き、東京2020パラリンピックも盛り上げていきます。

 

東京2020応援プロジェクト

オリンピックが始まり、選手たちの活躍に目を見張る毎日です。

以前に「東京2020大会に向けて頑張る選手を応援する作品」に高等部2年生と高等部美術班が応募したことをお伝えしましたが、オリンピックが始まり、埼玉県の会場がある“さいたま新都心駅”や“浦和美園駅”にポスターとして掲出されています(8月8日まで)。

また、下記のリンクから埼玉県のHPにて作品を見ることができます。

https://www.pref.saitama.lg.jp/oly-para/hospitality/exhibition.html

記念品として、TOKYO2020オリンピック、パラリンピックマスコットのぬいぐるみをいただきました。

学校の掲示板に飾ろうと思います。

 

 

K→STYLE製品を納品しました

7月26日(月)、夏休み前最後の登校日でした。

先日、ビーズフラッグを納品した「フジヤ」さんから、地域の方に好評なので、さらに納品してほしいとの依頼があり、放課後伺いました。

お店に伺うと、店員の方がエプロンにビーズフラッグをつけてくださっており、「お客さんに人気あるのよ」と教えてくれました。

社長さんからも「いっぱい売るから、みんなもいっぱい作ってくださいね」と激励をいただきました。

今回は、レザークラフト班が作成しているレザーキーフォルダー、レザーストラップも納品しました。また、リサイクル班が作成している給食の廃油を利用したリサイクル石鹸のサンプルを紹介してきました。いろいろなK→STYLE製品を知ってもらい、本校の取組を知ってもらえる機会としていきたいです。

きらきらカフェに小学生のお客さんが来てくれました。

7月16日(金)にきらきらカフェを開催しました。

今回は草加市内の小学校の特別支援学級のみなさんに来校していただきました。

また、本校小学部1年生のお客さんも来ました。

テーブルに案内する際に、大きめのソファーに上手に座れるようにサポートしたり、頒布会場では、どれにしようか迷っているお客さんに、「こちら、おススメです」とやさしく声をかけたりする様子も見られました。

小さなお客さんを目の前に、いつも以上に丁寧に接している生徒が多く、高等部の生徒にとっても、よい経験となりました。

 

過去のトピックス

令和元年度
委員会・生徒会活動
高等部作業班「カフェ、ワークショップ」出店.pdf
成田真由美選手に来校いただきました
第2回校内実習
パラリンピック(コロンビア水泳選手団)へ贈り物
ビーズフラッグ ロンドンへ!
部活動
カフェ開催
実習が始まりました
避難訓練
運動会

30年度
平成30年度修了式
高等部卒業式
ハートフルサッカー教室
校内実習②
高2宿泊学習
高1宿泊学習
校内実習①
第6回運動会
高3修学旅行
入学式

30年度始動!

29年度
ハートフルサッカー教室
きらきらまつり 大成功!
校内実習②
高2宿泊学習
サービス班 出張清掃
高1宿泊学習
校内実習①
運動会
高3修学旅行
運動会集会
入学式!
29年度スタート!

28年度
・かがやき進路学習会がありました!校内実習も始まっています!
・きらきらカフェ、作業学習の作品頒布もしてま~す!
・ビーズフラッグ、リオパラリンピックへ
・きらきらカフェ Open!